森林クラウド標準仕様分科会

森林資源データ解析・管理標準仕様書案への意見募集のお知らせ

意見公募の対象
「森林資源データ解析・管理標準仕様書案」
意見の提出方法
下記の『森林資源データ解析・管理標準仕様書案_意見提出用紙.xlsx』の、「ご意見用紙」シート内に御記入の上、電子メールで送付してください。
なお、電話等での御意見提出はお受けしかねますので、あらかじめ御了承ください。
提出先
[メールアドレス] k-arai@jafta.or.jp
(電子メールの件名を「パブリックコメントに対する意見」としてください。)
資料ダウンロード
その他
  • 皆様からいただいた御意見につきましては、最終的な決定における参考とさせていただきます。なお、いただいた御意見についての個別の回答はいたしかねますので、あらかじめ、その旨をご了承ください。
  • 御提出いただきました御意見については、氏名、住所、電話番号、メールアドレスを除き、すべて公開される可能性があることを、あらかじめ御承知おきください。ただし、御意見中に、個人に関する情報であって特定の個人を識別しうる記述がある場合及び個人・法人等の財産権等を害するおそれがあると判断される場合には、公表の際に当該箇所を伏せさせていただきます。
  • 御意見に附記された氏名、連絡先等の個人情報につきましては、適正に管理し、御意見の内容に不明な点があった場合等の連絡・確認といった、本案に対する意見公募に関する業務にのみ利用させていただきます。

森林クラウド標準仕様分科会とは

平成25-29年度に林野庁が実施した森林情報高度利活用技術開発事業の中の「森林クラウドシステム標準化事業」、「森林クラウド実証システム開発事業」の関係者から、事業終了後も森林クラウド標準仕様を公開・更新するため、森林GISフォーラム事務局に協力の要請がありました。要請を受け、協力について事務局、会長、副会長で検討いたしました。その結果、1)内容が「森林クラウド」の標準化および実証システム開発であることから、森林GISの発展と普及につながるものであること、2)公開がされなくなった場合、森林GISの発展や普及に支障が生じる可能性があること、3)継続して公開された場合、森林GISの発展や普及を推し進める可能性があること、4)参画者の多くが賛助会員であることから、協力すべきであると判断し、森林GISフォーラム内に「森林クラウド標準仕様分科会」を設立しました。

現在、森林GISフォーラム賛助会員、事務局を中心としたメンバーにより下記の活動を進めております。標準仕様作成の経過等は、適宜皆様に公開し御意見をいただく機会をつくります。

  1. 森林情報高度利活用技術開発事業で得られた「森林クラウド」に関する成果(標準化、実証システム)を森林GISフォーラムの活動を通じて、広く公開する。
  2. 最新技術等に対応した森林クラウドの標準仕様の作成・更新を行う。
  3. 森林クラウドや標準仕様の普及を図ることにより、適切な森林管理や地域林業の活性化に貢献する。

現在、下記にある森林情報高度利活用技術開発事業「森林クラウドシステム標準化事業」の成果の著作権は森林GISフォーラムに譲渡されています。資料には当時のCOPYRIGHTが記載されていますが、ご了承ください。

森林クラウド標準仕様

お問い合わせ

© 2008 - 2021 Forest GIS Forum.