森林クラウド標準仕様分科会

森林クラウド標準仕様分科会とは

平成25-29年度に林野庁が実施した森林情報高度利活用技術開発事業の中の「森林クラウドシステム標準化事業」、「森林クラウド実証システム開発事業」の関係者から、事業終了後も森林クラウド標準仕様を公開・更新するため、森林GISフォーラム事務局に協力の要請がありました。要請を受け、協力について事務局、会長、副会長で検討いたしました。その結果、1)内容が「森林クラウド」の標準化および実証システム開発であることから、森林GISの発展と普及につながるものであること、2)公開がされなくなった場合、森林GISの発展や普及に支障が生じる可能性があること、3)継続して公開された場合、森林GISの発展や普及を推し進める可能性があること、4)参画者の多くが賛助会員であることから、協力すべきであると判断し、森林GISフォーラム内に「森林クラウド標準仕様分科会」を設立しました。

現在、森林GISフォーラム賛助会員、事務局を中心としたメンバーにより下記の活動を進めております。標準仕様作成の経過等は、適宜皆様に公開し御意見をいただく機会をつくります。

  1. 森林情報高度利活用技術開発事業で得られた「森林クラウド」に関する成果(標準化、実証システム)を森林GISフォーラムの活動を通じて、広く公開する。
  2. 最新技術等に対応した森林クラウドの標準仕様の作成・更新を行う。
  3. 森林クラウドや標準仕様の普及を図ることにより、適切な森林管理や地域林業の活性化に貢献する。
森林クラウド標準仕様

お問い合わせ

© 2008 - 2019 Forest GIS Forum.