航空機レーザ計測を活用した効果的な森林管理に向けて

「航空機レーザ計測を活用した効果的な森林管理に向けて」

資料は行事開催記録(https://fgis.jp/events)にアップロードします。

日時:2021年9月16日(木) 10:00-16:00
オンライン(Microsoft Teamsを予定、終了後Youtubeによる配信)

申し込みは下記のサイトからお願いします。
https://form.run/@fgis-01

10:00 受付開始

10:15-12:00 基調講演
 山本一清 (名古屋大学)
  「航空機LiDARによる森林解析過去・現在・未来」

 大萱直花 (日本森林技術協会)
  「森林資源量データの標準化と森林簿の関係について」

13:15-14:30 賛助会員によるレーザ計測関連の話題提供
  大野 勝正(アジア航測株式会社)
  「林業DXにおける航空レーザ解析」

 世古口竜一(朝日航洋株式会社)
  「航空レーザの活用ステージに向けて-森林分野での活用事例-」

 真砂陽太郎 (国際航業株式会社)
   「航空レーザ計測と森林資源解析の取り組み事例」

 高岸 且(株式会社パスコ)
  「パスコの森林解析標準化 森林クラウドを補完するツールのご紹介」

 岡田広行(住友林業株式会社)
  「航空レーザ計測データ活用の実際」

14:45-15:50 意見交換会
 コーディネータ 米 康充(島根大学)
  ・航空機レーザ計測データの精度とその検証方法
  ・現在の利活用状況と今後の展開
  ・森林簿情報との関係

15:50-16:00
 閉会の挨拶

© 2008 - 2021 Forest GIS Forum.