森林GISフォーラムについて

森林GISフォーラムの活動目的

森林は木材生産の場としてばかりでなく、生活環境や自然保護といった「地球的で かつ多元的な環境問題」の場としても多くの人々の注目を浴びるようになりました。 それに伴い、これからの森林管理では、経営、治山、防災、環境といったいずれの業務においても、 様々な局面に対応できる情報システムの支援が求められています。森林GISフォーラムでは、 森林関連の情報システムを考えていくうえで、強力な手法となる森林GISに焦点をあて、その活用から 今後の森林のあるべき姿を考えていきたいと思っております。

森林GISの普及に際しては、次の二つの問題点が指摘されています。
現在の森林管理の情報制度をコンピュータ化しやすいように見直す必要がある。

森林専門家の中に、情報処理技術に習熟した人材が不足している。
これらの二つの問題を解決するためには、森林管理に習熟した経営者や行政官と、 情報処理に優れた計算機の専門家との相互交流が必要です。そのため、森林GISフォーラムは、 森林経営者、森林行政官、GISの専門家、そして森林研究者の交流の場として設立されました。


今後の課題

森林GISフォーラムの活動目的は森林GISの普及ですが、 この数年の間に都道府県でのGIS導入もほぼすべて完了し、第1段階の目的はほぼ達成できたと考えております。ここで、第1段階とは、GISに林小班図と森林簿とを 入力し相互に関連付け、地理情報としてデータベース化することを意味しています。次の第2段階は、GISに入力した情報を利用して森林の機能評価等の 解析を行うことであり、第3段階はリモートセンシングのデータを GISと結びつけ、森林モニタリングの態勢を整えることです。今後は、第2段階や第3段階に向けた情報交流や技術交流が盛んになるものと思われます。

また、一方では、GISに入力したデータを定期的に更新して いかなくてはならないという問題があります。データ更新は、なるべく、現場に近い職場で 行われることが効率も良く望ましいと考えておりまして、そのため、今後は、 森林GISのネットワーク化が課題になってきます。 森林施業にかかわる市町村ならびに森林組合との連携も重要になってきます。 森林GISの現場への普及は、当面の最大の課題です。

© 2008 - 2017 Forest GIS Forum.