学生・技術者のための森林リモートセンシング画像解析セミナー in 信州 2007

森林GISフォーラム
学生・技術者のための
森林リモートセンシング画像解析セミナー
in 信州

主催:森林GISフォーラム
共催:信州大学農学部アルプス圏フィールド科学教育研究センター(AFC)

後援:
日本森林学会、日本写真測量学会、日本リモートセンシング学会、
森林計画学会、リモートセンシング技術センター(RESTEC)

開催日 : 2007年9月9日(日)~10日(月)
場 所 : 信州大学農学部26番教室 
長野県上伊那郡南箕輪村8304
交通アクセス http://karamatsu.shinshu-u.ac.jp/access/index.htm
農学部へのアクセス http://karamatsu.shinshu-u.ac.jp/access/index.htm

内 容(プログラム)
□  9日(日)  午後1時~午後5時
□ 10日(月)  午前9時~午後5時

講師:
加藤正人(信州大学農学部AFC)
内容:
国産だいち(ALOS)衛星を使った森林の画像解析
1)画像解析入門 データ入力、画像表示、強調
2)演習林でのグランドトルースと森林調査 
3)画像解析中級 林相分類 ハイブリッド解析 
使用ソフト:MultiSpec
(無料ソフト 北米を中心に数万人のユーザー登録)
募集人員: 40名 (パソコンの使用台数)、自分のノートPC持参もOK
テキスト: 改訂森林リモートセンシング 加藤正人編著 J-FIC発行
     その他の講義資料は講師が用意する
費用:
学生6千円、一般1万円 
1泊2日の宿泊食費代(懇親会)とパソコン実習込み
   10日の宿泊は別途宿泊費(4400円)が必要です
宿泊施設:フォレスト大芝(温泉つきの合宿施設)
http://www.yado-navi.jp/yado/info_htl.asp?htlid=32
前泊は各自で対応お願いします。
農学部周辺の宿泊施設 
http://karamatsu.shinshu-u.ac.jp:80/access/index.htm

特徴: 特徴:森林リモートセンシングの若手研究者育成の普及セミナー
 1)地球温暖化の影響の少ない涼しい信州で2日間の実習です。
 2)講師は昨年、北米で学んだ最新技術を紹介します。
 3)ソフトは英文表示ですがフリーウェアです。セミナーの後も利用できます。
 4)使用するデータは昨年打ち上げられた国産だいち(ALOS)衛星です。
   空間解像度はカラー10m、白黒2.5mです。販売価格は2万5千円(安価)です。
 5)懇親会を用意します。勉学と友だちづくりが同時にできます。
 6)卒業論文や修士論文研究の参考にしてください。
 7)信州大学農学部の構内演習林を調査できます。
 8)宿泊施設は山岳景観(中央・南アルプス)、温泉、森林セラピーを楽しめます。

●参加費: 学生6千円、一般1万円 
1泊2日の宿泊食費代(懇親会)とパソコン実習込み  
10日の宿泊は別途宿泊費(4400円)が必要です。
前泊は各自で対応お願いします。
●申込み:
  定員になり次第締めきります
○ 申し込み先   下記 (E-Mail)
●セミナー申し込み・問合せ先
(メールでお願いします)
 信州大学農学部森林計測・計画研 
E-Mail
アドレスは画像です。ご面倒でも転記をお願いいたします。

© 2008 - 2017 Forest GIS Forum.